Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C5073] 紅音ほたるのプレミア動画ダウンロードを開催しました!

紅音ほたるのプレミア動画ダウンロードを開催しました!

http://fkdajfklajfal.blogspot.com/

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

男性の晩婚や未婚化と、女性の長寿化で、母親の在宅介護を担う独身の息子が増えています。

・男性の晩婚や未婚化と、女性の長寿化で、母親の在宅介護を担う独身の息子が増えています。
 美談として語られる一方、彼らの多くはすべてをひとりで抱え込む傾向にあり、虐待などの課題も
 浮き彫りになっています。
  ◇
 8畳の居間を、認知症の母(80)がグルグルと歩き回る。「ご飯だよ」。元会社員、鈴木宏康さん(50)が声をかけると、母は宏康さんを見た。
 4年前、母は徘徊がひどくなり、外出先から帰ってこられなくなった。宏康さんは部品製造会社に勤めながら介護を続けたが、中抜けできない部署への異動を機に辞職した。以来、母の介護に専念。介護保険の利用は土曜のデイサービスだけ。見守り、食事、排泄、散歩介助をひとりでこなす。

 母の遺族年金で暮らす日々はつつましく、通院費がかさめば生活は苦しい。しかし、「一緒にいてあげられる日々が一番、親孝行。今は幸せなのかもしれない」と宏康さん。
 しかし、今の心境になるには時間がかかった。介護に専念し始めた当初、母には「昼夜逆転」もあった。
 夜11時に床についても、起き上がって散歩に出ようとする。未明にサッシを開け、ドアをたたいては
 「出してくれ」と叫んだ。近所に迷惑をかけては、と母を車に乗せ、高速道路を走り続けたことも。
 やっと帰ってホッとしたところ、母はじゅうたんに便を漏らした。ふいても、また漏らす。思わず「このやろう」と怒鳴り声が出た。「あのころは睡眠不足が続き、些細なことでキレやすい状態だった」。それでも在宅介護にこだわるのは10年前、認知症で施設に預けてすぐ亡くなった父の経験があるためだ。

 しかし、仕事をやめ親を介護する独身者は「変わり者」「虐待者」のレッテルを張られがち。怒鳴り声を聞いたのか、通報で駆けつけたケアマネジャーから「お母さんに辛くあたっちゃだめ。何かあったら
 言って」と言われたときは失望感に襲われた。

 宏康さんはいう。「自己嫌悪に陥っていただけに、つらかった。『何かあったら言って』といわれても、
 長い間、会社人間で生きてきて、人を頼るなんて考えられなかった」(>>2-10につづく)
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090316-00000556-san-soci

うちは二人姉妹だから、親の面倒は
先に結婚できないほうと決められてた。
結局8才年上の姉が先に結婚して
私が介護することが決まった。

今の所2人ともピンピンしてるから
今のうちに適当に男と遊んで
介護が必要になったら田舎に帰るつもり。
ジジババ付きの資産家でもない
田舎の家に婿養子に来る人なんていないし
一生独身で寂しく死ぬんだと思う。

昔から女はこんな感じだったよ。
男は一人っ子でも嫁をもらえばいいもんね。



スポンサーサイト

1件のコメント

[C5073] 紅音ほたるのプレミア動画ダウンロードを開催しました!

紅音ほたるのプレミア動画ダウンロードを開催しました!

http://fkdajfklajfal.blogspot.com/

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

makot89

Author:makot89
FC2ブログへようこそ!







この本売れました!!
この本棚から掘り出し物が見つかるかも

人気blogランキングへ

最近の記事

最近のトラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。