Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

“内藤「いい加減にしろ!」→亀田大毅「ハイ…」” 内藤が明かす…亀田道場では警備員が記者に「警察呼ぶぞ!」

・12日午後、勝利の会見場となった宮田ジムには、約60人の報道陣が詰めかけた。 ジムが手狭だったため、会見は第1部がテレビ、第2部が新聞・雑誌の2部構成で行われた。 第2部の冒頭、亀田家の反則指示に関する質問が飛ぶと、内藤から笑顔が消えた。全身に怒りを滲ませながら、内藤は「(大毅は)サミング、もも打ち、ヒジ打ち、ゴング後のパンチなど反則のオンパレードだった。ホント、ふざけんなよ。もう一発入ったら乱闘するところだった」とまくし立てた。

 30分近く続いた独演会では、内藤がリング上であった大毅の情けないヘタレ秘話まで明かした。 試合終盤、クリンチ中に繰り返されるサミング攻撃にキレた内藤が、倒れ込む大毅に「お前いい加減にしろ!」と一喝したところ、大毅が殊勝にも「ハイ…」と小声で返事したというのだ。

 宮田博行会長は、興奮する内藤を制しながらも、「試合中は(亀田側の反則指示の)認識はなく、試合後に後援者からのメールで知りました。それにしてもひどすぎる。亀田選手の反則は勝ち負けではなく、選手生命にかかわる問題。彼らは、今後も同じことを繰り返すでしょう。JBCに抗議文を送り、亀田側にキッチリ謝罪を求めます」と宣戦布告した。今後、亀田戦を拒否する意向も明らかにした。当初は淡々と話していた宮田会長も徐々にヒートアップ。大毅の父・史郎氏が試合前、リング上でメンチを切ったことについて、「ヤクザの脅しと一緒で、反則の域を越えた単なる恐喝」と断言。宮田会長は「本当は、『切腹パンチ』と名付けたボディーショットで倒して、切腹の代わりにしてあげたかった。でも、反則がひどすぎて披露できなかった」と、亀田家にトドメの一発を放った。

 一方、宮田ジムから徒歩約15分の「亀田道場」は、人影もなくひっそり。入り口には、ファンからの花束やグローブが積まれていたが、近寄った瞬間、警備員が駆けつけ、「お引き取り下さい」と一言。大通りを隔てた道路の反対側で様子を見ていると、監視カメラでもあるのか、再び警備員が駆けつけ、「警察を呼ぶぞ!」などとスゴまれた。

http://www.zakzak.co.jp/spo/2007_10/s2007101302_all.html



東日本ボクシング協会(大橋秀行会長)が、厳罰処分の中で最も重い
「ライセンスはく奪」も検討していることが13日、分かりました。
15日の理事会での緊急討議で具体的な処分を決め、協会の総意として日本ボクシングコミッション(JBC)に要望書を提出するようです。
なんか芸能人使って親父に全部罪なすりつけてスケープゴート画策してるぽくないですか?ほんと一連のこいつらの騒動うんざりです。きれいさっぱりにして欲しいです。私自身本当にボクシング好きだしもうこれ以上汚されたくないです。 ボクシングファンとしては、情けないです。
亀田選手は、一か八かの勝負をかけて打ち合ったら良かったのですけど。一番悪いのは、放送した某テレビ局でしょうか。視聴者、ボクシングをなめています。あんな放送していたら、誰も見なくなります。視聴者を馬鹿にしているのもいい加減にしろと言いたいです。

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

makot89

Author:makot89
FC2ブログへようこそ!







この本売れました!!
この本棚から掘り出し物が見つかるかも

人気blogランキングへ

最近の記事

最近のトラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。