Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C763] 「フライデー」最新号の発売中止は“世界のTOYOTA”の圧力だった!? ①

「フライデー」の最新号が発売中止になった一件で、ネットでさまざまな論争が繰り広げられているが、その中で、
「時津風部屋の死亡問題で兄弟子の写真が間違って掲載されたために発売を見合わせたなんて真っ赤な嘘!」
と断じた意見があった。
「実際は、F1グランプリ・富士スピードウェイ開催の大失態を特集記事で掲載したところ主催者でありスポンサーでもあるTOYOTAから猛烈なプレッシャーがかかり自主休刊に追い込まれたってのが真相」
だというのである。
なるほどの指摘である。この意見が事実かどうかなんて、今や、どうでもいいことだ。ただ、確かに、時津風部屋の兄弟子の写真が間違っていた程度で、「フライデー」の発売を見合わせるなんて、どう考えたって信じがたい。極端なことを言ってしまえば、発行した後に訂正を出して済ましてしまうだろう。
しかし、相手が「世界のTOYOTA」となったら、話は違う。しかも、相手はTOYOTAだけではないだろう。広告代理店である「世界の電通」も圧力をかけるに違いない。
確かに、富士スピードウェイ「F1グランプリ」の大失態は、いくつかのメディアで扱われている。が、もし、その記事が原因で発売中止ということだったら、「フライデー」は、とんでもない写真と記事を入れていたのかもしれない。
それにしても、この富士スピードウェイ「F1グランプリ」は、終了後にインターネット上の掲示板やブログを中心に苦情が相次いでいる。もっとも、僕はF1には興味がないのだが、このトラブルには、妙に関心をもってしまった。そこで、ネットへの投稿の中からTOYOTAやJTBの大失態ぶりをまとめてみることにした。
それにしても「富士スピードウェイ」と言えば、我が出身地の近くである。高校時代、陸上部で「長距離」だった僕は、よく、この富士スピードウェイの中のコースを走ったものだ。しかし、あそこは御殿場市ではなく、駿東郡小山町というところ。場所としては実に不便なところ。そこで9月の末に、とんでもない出来事が起こったわけだ。ま、ここは「フライデー」とは関係なく探ってみるのも面白い!!
  • 2007-10-13
  • 投稿者 :
  • URL
  • 編集

[C764] 亀田ファン

亀田ファンの有名人


アントニオ猪木
山本“KID”徳郁
九重親方
叶姉妹
プロ野球楽天イーグルスの野村克也監督夫人の野村沙知代
電撃ネットワーク”南部虎太
  • 2007-10-13
  • 投稿者 :  
  • URL
  • 編集

[C765]

ただいま人気ブログを応援しています。
応援ポチッ!

[C766]

君の別ブログよりはるかにましだよ

ネットで調べられる情報すら適当にかいてるやつに批判する資格は無い。
  • 2007-10-15
  • 投稿者 :
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

「沢尻を亀田が批判」報道を否定「批判したつもりない」「謝ったんやし、もうええんちゃう」

http://news.ameba.jp/2007/10/7649.php

「沢尻を亀田が批判」報道に「批判したつもりない」

 7日に放送されたTBSの「サンデージャポン」でプロボクサーの亀田興毅(20)が沢尻エリカについてコメントをし、新聞等で大きく報道された。

 亀田は同番組内で、司会の爆笑問題に沢尻の態度について聞かれ、やっていい場所とそうでない場所がある」などと発言。太田が「お前が言うな!」と即座に突っ込むと、「自分はお客さんに対して失礼な態度はとらない」といった内容で返答した。また、沢尻の態度は批判しつつも、「日本人は固い」と沢尻に対する周囲の反応も批判した。

 大きく報じられたことについて亀田は自身のブログで「俺は別に批判したつもりないねんけどな」と説明。そして、「あの場所であんな態度したから問題になってるだけで、そのあとテレビに出てちゃんと謝ったんやし、もうええんちゃうんかなぁって思うけどな」と沢尻のその後の行動には理解を示した。

 ちなみに亀田は沢尻エリカが出演したドラマ等を見たことはないらしい



まさに沢尻エリカの便乗して自分を上げている感じです。
沢尻は確かに大人気なかった。しかし、一応映画ではちゃんと演技しているし、役者として問題は無いです。
ボクサーとして問題ばかり起こす亀田一族に言われる筋合いは無いだろうと思います。昨日の試合を見まして、沢尻なんてまだまだ可愛いもんだと思いました。亀田の基地外ボクシングよりは遥かにましですから。
スポンサーサイト

4件のコメント

[C763] 「フライデー」最新号の発売中止は“世界のTOYOTA”の圧力だった!? ①

「フライデー」の最新号が発売中止になった一件で、ネットでさまざまな論争が繰り広げられているが、その中で、
「時津風部屋の死亡問題で兄弟子の写真が間違って掲載されたために発売を見合わせたなんて真っ赤な嘘!」
と断じた意見があった。
「実際は、F1グランプリ・富士スピードウェイ開催の大失態を特集記事で掲載したところ主催者でありスポンサーでもあるTOYOTAから猛烈なプレッシャーがかかり自主休刊に追い込まれたってのが真相」
だというのである。
なるほどの指摘である。この意見が事実かどうかなんて、今や、どうでもいいことだ。ただ、確かに、時津風部屋の兄弟子の写真が間違っていた程度で、「フライデー」の発売を見合わせるなんて、どう考えたって信じがたい。極端なことを言ってしまえば、発行した後に訂正を出して済ましてしまうだろう。
しかし、相手が「世界のTOYOTA」となったら、話は違う。しかも、相手はTOYOTAだけではないだろう。広告代理店である「世界の電通」も圧力をかけるに違いない。
確かに、富士スピードウェイ「F1グランプリ」の大失態は、いくつかのメディアで扱われている。が、もし、その記事が原因で発売中止ということだったら、「フライデー」は、とんでもない写真と記事を入れていたのかもしれない。
それにしても、この富士スピードウェイ「F1グランプリ」は、終了後にインターネット上の掲示板やブログを中心に苦情が相次いでいる。もっとも、僕はF1には興味がないのだが、このトラブルには、妙に関心をもってしまった。そこで、ネットへの投稿の中からTOYOTAやJTBの大失態ぶりをまとめてみることにした。
それにしても「富士スピードウェイ」と言えば、我が出身地の近くである。高校時代、陸上部で「長距離」だった僕は、よく、この富士スピードウェイの中のコースを走ったものだ。しかし、あそこは御殿場市ではなく、駿東郡小山町というところ。場所としては実に不便なところ。そこで9月の末に、とんでもない出来事が起こったわけだ。ま、ここは「フライデー」とは関係なく探ってみるのも面白い!!
  • 2007-10-13
  • 投稿者 :
  • URL
  • 編集

[C764] 亀田ファン

亀田ファンの有名人


アントニオ猪木
山本“KID”徳郁
九重親方
叶姉妹
プロ野球楽天イーグルスの野村克也監督夫人の野村沙知代
電撃ネットワーク”南部虎太
  • 2007-10-13
  • 投稿者 :  
  • URL
  • 編集

[C765]

ただいま人気ブログを応援しています。
応援ポチッ!

[C766]

君の別ブログよりはるかにましだよ

ネットで調べられる情報すら適当にかいてるやつに批判する資格は無い。
  • 2007-10-15
  • 投稿者 :
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

makot89

Author:makot89
FC2ブログへようこそ!







この本売れました!!
この本棚から掘り出し物が見つかるかも

人気blogランキングへ

最近の記事

最近のトラックバック

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。