Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

異常気象で「野良ジャガイモ」繁殖・・・北海道・十勝地方

十勝地方:異常気象で「野良イモ」繁殖

 地球温暖化による気象変化で降雪時期が早まり、十勝地方の畑で「野良イモ」と呼ばれる雑草化したジャガイモが増えていることが、北海道農業研究センターの広田知良主任研究員の調べで分った。冬の寒さで枯れていたのに、積雪が寒気を遮断して土壌を保温するため、イモが越冬できるようになったからだ。収穫量減少の原因となるため、農家は除去に手を焼いている。

 収穫されずに土中に残り、芽を出したのが野良イモ。土の養分を奪い、病害虫発生の温床になる。十勝管内更別村で90年代の半ばに増えたと言われ、それ以降、各地から増加の報告が相次いでいる。広田研究員が昨年夏、十勝地方30カ所を調べたところ、野良イモは1ヘクタール当たり最大2万株あった。

 十勝地方は典型的な冬の気圧配置の西高東低では晴天になり、道内でも雪が少ない地域だ。積雪がないと、地面が寒気にさらされて土壌凍結が進み、野良イモはほとんどなかった。しかし、近年、初冬に西高東低が強まらず、低気圧の通過が増えて雪がよく降るようになったのが、データから分った。

 保温効果が出る積雪は20センチ以上と言われる。気象庁によると、帯広市で76~85年度までの10年間に20センチを最初に超えた日は平均して1月7日だが、86~95年度は12月27日,96~05年度は12月12日に早まった。このため、本格的な厳寒期の前に雪が積もって地中温度が下がらなくなった。同センターの同管内芽室町での観測では、97年度以前は最大20センチより深く土壌凍結していだが、98年以降は浅くなり、03、04の両年度はほとんど凍らなかった。

 野良イモの除去は1ヘクタール数十時間かかる。そこで最近、真冬に雪を掘って地面を露出させる農家が出てきた。作業は1時間で済むが、深く凍結させると解けるのが遅れて畑作に影響が出る心配もある。広田研究員は「北海道は地球の寒冷地域の南端にある。温暖化の影響が最初に出てくる場所だ。野良イモ増加はその一つだ」と話している。


芋掘りツアーでも企画して、ただで持ち帰り放題にすれば
ニート君が群がって取り尽くしてくれるのに
ついでに、収穫後即、畑で料理して食べるってのがイイなー
野良イモ石狩なべとか、野良イモ豚汁とか、、
よいですね。

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

makot89

Author:makot89
FC2ブログへようこそ!







この本売れました!!
この本棚から掘り出し物が見つかるかも

人気blogランキングへ

最近の記事

最近のトラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。