Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

"非婚時代の男女" 「結婚できない」男女増加…「期待と現実とのズレに気づくべき」

子どもの数が減るのが少子化。その要因はさまざまだが、はっきりいえるのは 非婚化が進んだこと。日本では生まれてくる子どもの98%以上が夫婦の嫡出子だ。適齢期にある男女が結婚しなくなれば、出生数も減るというわけだ。

 では、今どきの男女は結婚したくないのかといえば、そうではない。積極的な シングル志向はごくわずかで、未婚者の90%以上が「いずれ結婚するつもり」と 思っている。しかも、その割合はこの二十年間、ほとんど変わっていない(国立 社会保障・人口問題研究所「出生動向調査」)。

 結婚したいけれどできない。そんな男女が増えているということだ。問題はその 理由。各種の意識調査では「子育ての経済的負担や不安」とともに、「いい出会いが ない」という回答が上位にくる。理想が高すぎるという事情もありそうだが、出会い 自体が減っているという側面も見逃せない。

 そういえば近ごろ「お見合い」という言葉を聞かなくなった。一九八〇年代前半までは 約30%だった見合い結婚の比率は、今では6%台。主流は恋愛結婚だ。善しあしは 別として、近所の人や職場の上司が縁談をもたらすような、結婚をめぐる人的なつながりの退潮は、出会いのスタイルを一つ減らした。

 「いつかは出会える」と漠然と思っている若い男女が非常に多いという。 恋愛に限らずコミュニケーション能力の不足も言われる。見合いの復活を言う つもりは毛頭ない。むしろ大切なのは、期待と現実とのズレを彼らに気づかせる ことではないか。そうした意識啓発も広い意味での少子化対策だと思う。(東京新聞)



うーんおそらくフリーターやニートが増えたのも結婚できない要因だと思います。年収100万円以下の未婚率は90%ぐらいと聞いたと思います。まずフリーターには女の子は寄ってきません。結婚までこぎつけたとしても相手の親が反対して頓挫という例が多いです。後はフリーターやニートの人たちには見合い話などこないからです。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

makot89

Author:makot89
FC2ブログへようこそ!







この本売れました!!
この本棚から掘り出し物が見つかるかも

人気blogランキングへ

最近の記事

最近のトラックバック

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。