Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

「ネットカフェ難民」とは「隠れたホームレス」だ …ネットカフェ難民の実態

「ネットカフェ難民」という若者の貧困層の存在が深刻になっている。「日雇い派遣」などで働くが、低賃金のためアパート代も払えず、ネットカフェで寝泊まりする。国会でも取り上げられた。実態はどうなのか。

2007年3月16日付けの「しんぶん赤旗」によると、3月15日に開かれた参議院厚生労働委員会で、共産党小池議員が柳沢厚労相に、「現状をどう思うか」「実態調査が必要だ」など訴えた。小池議員は、一例として、日給は6,000~8,000円で深夜手当ても社会保険もないとし、実態を示した。厚労相は、「健康や安全管理、正規雇用を増やしていく立場からすれば好ましくない」としながらも、実態調査は、今後検討したいと述べるにとどまった。

07年1月28日に「NNNドキュメント」などが取り上げた。その後も日本テレビでは、「ネットカフェ難民」を、07年3月7日の「NEWS ZERO」で、「隠れたホームレス」と紹介。

大田区蒲田、夜な夜な大きな荷物を抱えた若者が集まる。利用料金が、都内でも格安だからだ。ある青年は、1日200円のコインロッカーを毎日2つ使い、全財産を収納。その後、時間をつぶし、夜遅くにネットカフェに入る。滞在を短くし、節約するためだ。1時間100円。店内で弁当を食べるが、1回で食べきらないよう、夜と朝の分を2等分して食べる。翌朝、早くから「日雇い派遣」の仕事に出かける。会社からはメールで管理され、「仕事現場に向かいます」「集合場所に到着しました」など
の報告を行う。「日雇い」仕事が無ければ、ネットカフェに泊まることもできず、食事もとれない。まさに「隠れたホームレス」なのだ。 番組はこう伝えた。

「NPO自立生活サポートセンター・もやい」で「ホームレス」の生活支援を行う湯浅誠氏は、ネットカフェやサウナで生活する若者を、「『自分の権利としての住居を持たない』という意味で『ホームレス状況』に
ある」 とし、相談を受けたり、アパートで生活を始められるよう支援をしているという。


ネットカフェ難民とかいうのはちょっとですね、

グッドウィル難民とか、フルキャスト難民とかにした方がいいです。
日雇い労働者を買いたたくような企業にも責任があるし、
こういった企業を安易に利用しちゃうのも問題があります。


スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

makot89

Author:makot89
FC2ブログへようこそ!







この本売れました!!
この本棚から掘り出し物が見つかるかも

人気blogランキングへ

最近の記事

最近のトラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。