Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C535] 奥谷

お前らの大誤算は、氷河期世代の人間は同じ価値観を持って
団結しているって、勝手に思っちゃってることなんだよ。
俺を見ていれば分かるだろ?
俺は2001年卒の超氷河期世代だ。
でもお前らは俺を同じ氷河期世代の仲間だと思えるか?

思えないだろ?
世代なんて曖昧なもので団結なんか出来るわけ無いだろ。
それこそ、氷河期世代でうまく流れに乗れた勝ち組なんて
俺みたいのばっかりなんだぜ。
お前らの味方なんかしてくれないんだよ。

今まで、氷河期世代の勝ち組が、団結してお前らのために
会社や社会に立ち向かってくれたか?
氷河期世代の派遣社員を積極的に正社員にするように
自分の立場が危うくなるのも恐れずに進言してくれたか?

これでわかっただろ?
うまく流れに乗れた人間は、もうお前らのことなんか眼中にない。
お前らがどうなろうと気にも留めない。
そんな人間をお前らは氷河期世代として、仲間扱いしているんだぜ。
  • 2007-02-09
  • 投稿者 : ne
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

「過労死、自己管理の問題」「労働者を甘やかしすぎ」 派遣会社社長・奥谷氏発言巡り、予算委で議論

★過労死は自己管理の問題? 奥谷氏発言巡り予算委で議論

・過労死するのは本人の自己管理の問題――。労働政策審議会(厚生労働相の諮問機関)の分科会委員、奥谷禮子氏(人材派遣会社社長)の週刊誌インタビューなどでの発言を めぐって、7日の衆院予算委員会で論議があった。民主党の川内博史議員が「あまりの 暴言だ」と指摘。柳沢厚労相も「まったく私どもの考え方ではない」と防戦に追われた。

 奥谷氏は、一定条件を満たした会社員を労働時間規制から外す「ホワイトカラー・エグゼンプション」(WE)の積極推進論者。労働時間規制をなくせば過労死が増えるとの 反対論に対し、経済誌「週刊東洋経済」1月13日号で、「経営者は、過労死するまで 働けなんていいません。過労死を含めて、これは自己管理だと私は思います」などと反論。また「祝日もいっさいなくすべきだ」「労働基準監督署も不要」とした。労政審分科会 でも「労働者を甘やかしすぎ」などと発言している。

 奥谷氏は朝日新聞の取材に対し、「発言の一部分だけをとらえた質問は遺憾だ。倒産 しても、会社は社員を守ってくれない。早くから自律的な意識をもつべきで、労働者への 激励のつもりで発言した」と話した。


○長谷川委員 すべて日本の企業が、委員のような会社だったら、本当にみんな幸せだと思います。
そういう会社だけではないのです。…
 これはそういう人の妻に聞いた話ですが、バタッと死ぬのだそうです。
これは過労死の特徴だそうです。日本の中で過労死とか、過労自殺がゼロになったら、
この話はもっとお互いにできるのだと思います。しかし、現実に過労死とか、過労自殺があって、
労災認定を受けたり、訴訟をやっている人もいるわけです。委員のような会社だったらないと思いますが、
日本の企業は北海道から沖縄まであるわけですから、守れなかったり、
労働者の健康管理ができない所にもあるわけです。だから、基準法で最低基準を決めましょうということなのです。
企業も会社の役員も、もっと労働者や中間管理者の健康を気遣って、
「駄目だぞ、このぐらいになったら働いちゃ駄目だ、休みなさい。あなたは今日はもう帰りなさい」というようにしたら、
過労死や過労自殺はゼロになると思います。ところが、不幸なことに、
我が国は過労死や過労自殺はゼロではなくて、むしろ増えています。
だから、労働時間の、特に深夜労働はどうなのかということを不幸なことに議論せざるを得ないというのが現実だと思います。

奥谷委員 過労死まで行くというのは、やはり本人の自己管理ですよ。
○長谷川委員 でも自己管理だけではなく、会社も仕事をどんどん与えるのです。
奥谷委員 でも、それをストップするというのも。
○長谷川委員 世の中は委員みたいな人ばかりではないのです。それが違うところなのです。
○奥谷委員 はっきり言って、労働者を甘やかしすぎだと思います。
○長谷川委員 管理者ですよ。管理者たちにそういうのが多いのです。
○奥谷委員 管理者も含めて、働いている一般労働者も含めて、全部他人の責任にするということは、甘やかしすぎですよ。
○長谷川委員 そんなことはないですよ。それは違います。
○奥谷委員 それはまた組合が甘やかしているからです。
○長谷川委員 そんなことはありません。

「格差論は甘えです」

「過労死は自己管理の問題。他人の責任にするのは問題」

「労働基準法は前時代の遺物、そんなものはいらない」

       by 奥谷禮子   安倍内閣労働政策審議会労働条件分科会委員
                  人材派遣会社ザ・アール社長
                  日本郵政株式会社社外取締役
                  アムウェイ諮問委員
スポンサーサイト

1件のコメント

[C535] 奥谷

お前らの大誤算は、氷河期世代の人間は同じ価値観を持って
団結しているって、勝手に思っちゃってることなんだよ。
俺を見ていれば分かるだろ?
俺は2001年卒の超氷河期世代だ。
でもお前らは俺を同じ氷河期世代の仲間だと思えるか?

思えないだろ?
世代なんて曖昧なもので団結なんか出来るわけ無いだろ。
それこそ、氷河期世代でうまく流れに乗れた勝ち組なんて
俺みたいのばっかりなんだぜ。
お前らの味方なんかしてくれないんだよ。

今まで、氷河期世代の勝ち組が、団結してお前らのために
会社や社会に立ち向かってくれたか?
氷河期世代の派遣社員を積極的に正社員にするように
自分の立場が危うくなるのも恐れずに進言してくれたか?

これでわかっただろ?
うまく流れに乗れた人間は、もうお前らのことなんか眼中にない。
お前らがどうなろうと気にも留めない。
そんな人間をお前らは氷河期世代として、仲間扱いしているんだぜ。
  • 2007-02-09
  • 投稿者 : ne
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

makot89

Author:makot89
FC2ブログへようこそ!







この本売れました!!
この本棚から掘り出し物が見つかるかも

人気blogランキングへ

最近の記事

最近のトラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。