Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

"大人気" スピリチュアル・カウンセラー江原啓之…なぜか前世は「中世の賢者と貴族」ばかり

スピリチュアルカウンセラー江原啓之さんは、霊と交信しカウンセリングするのだという。テレビ番組やカウンセリングに引っ張りだこで、「エハラー」と呼ばれる追っかけもいるほどの人気だが、不思議なことも多い。その一つが人の前世や守護霊。なぜか「中世の賢者、もしくは貴族」が多いこと。

 スピリチュアリズムは日本語では心霊主義と呼ばれる。自身のホームページには『「非科学的』 だとして、スピリチュアルな世界を信じようとはしなかった人々も、変わらざるをえないような状況になりつつあります」と書いている。著書は合計で700万部以上も売れている。

 しかし、その能力を疑問視する報道も出ている。「週刊文春」の2月1日号には「テレビの中の『わるいやつら』」という特集で江原さんが4ページ にも渡って紹介されている。そこには「7つの疑問」が掲載されていて、その一つが「前世や 守護霊はどうして中世の賢者や貴族ばかりなのか」という疑問だ。
 テレビ朝日系「オーラの泉」に出演する芸能人への霊視では公家、武士、巫女、貴族、修道士、思想家などの「職種」が多出している。地理的には日本、英、仏、伊に偏りアジアやアフリカは 滅多に出ない。それが一覧表にされている。
 地球上には民族も、職種もたくさんあるのに、なぜなのか、「摩訶不思議」というしかない。ただ、お笑いタレント「劇団ひとり」の守護霊は西洋の文学者と「別の星の人」。宇宙人だというのだ。
 また、「中村橋之助は歌舞伎役者、千代大海は力士、細川たかしは民謡歌手と、まるで取って付けたような見事なハマりっぷり」と同誌では皮肉っている。

 大手新聞OBの科学ジャーナリストはこう話す。
 「小池栄子の前世は武家の側室、研ナオコはエジプトの巫女って…顔を見て適当に連想して 言ってるとしか思えません。こんな事を信じる人がなぜいるのか信じられない」 一方で、江原さんの大ファンという東京在住の30代サラリーマンの男性は、 「人間が生まれ変わるのにかかる年数はおよそ500年です。だから前世や守護霊が中世に偏ってしまうのだと思います」という。


スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

makot89

Author:makot89
FC2ブログへようこそ!







この本売れました!!
この本棚から掘り出し物が見つかるかも

人気blogランキングへ

最近の記事

最近のトラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。