Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

年齢制限なし、未経験者も積極採用 「引きこもり」経験者を28人雇用したIT企業の真意

これまでに「引きこもり」経験者を28人雇用した企業がある。

 2月3日に放送されたNHK番組『クローズアップ現代』の中でも取り上げられていた「(株)アイエスエフネット」(東京都港区赤坂)というIT系企業だ。

 先日、神戸市で行われた講演会で、この企業の話を最後に少しだけ紹介したところ、講演の後、皆から「最後の話をもっと詳しく聞きたかった」といわれた。そんなこともあったので、今回は改めて、同社の取り組みを紹介したい。

まずは昼1時間出勤の“ランチトレーニング”から
雇用までの3つのステップ
 先日の番組では、会社名も出ていなかったのに、同社には放送後、100件を超える問い合わせがあったという。ほとんどは「引きこもり」の家族や当事者からのものだ。

 同社はなぜ、これだけの数の「引きこもり」経験者を採用しているのか。

 青山の街並みを見渡せるリフレッシュ室。カウンター席に囲まれた、長いテーブル席には、10人余りの男女が弁当を広げている。話を聞くと、その中には、引きこもり経験者もいれば、うつの疾患者もいる。

 彼らは同社に採用されたものの、長期間社会から離れていたため、昼に1時間だけ出勤してもらって、皆でランチを食べる「ランチトレーニング」を行っているのだ。

 番組でも話したように、「通勤するのが苦手」とか「昼食で気を使い過ぎて疲れてしまう」人が多く、就労以前に長続きしない原因の1つになっている。

 そこで、同社は「FDA」という引きこもりなどを支援するNPO団体を同社内に設置。働く前に、トレーニングや会議などを行い、彼らを指導している。

 そもそもNPOが企業内につくられること自体、珍しい。すぐ近くに雇用という道筋が見えていることや、身近に職場環境に慣れることができるという意味でも、注目される。

 ランチトレーニングは、正午から午後1時まで、社員も一緒になって昼食をとる。皆、スーツを着こなし、毎日、青山という都心に通勤。オフィスのエレベーターにも乗る。

 働く前に、そんないくつもの緊張する壁をクリアできる工夫が施されているのだ。

第1段階をクリアすると、第2段階では6時間くらいの業務。エクセル、ワードなどの入力作業を行う。

 第3段階では、実践的なOJTなどを中心にトレーニングを行い、数ヵ月のインターンシップを経て、雇用へとつながる。

「困った人に手を差し伸べられる人材を」
引きこもり経験者の採用を始めた理由
 なぜ、こんな取り組みを始めたのか。同社の杉岡和彦常務は、こう説明する。

「IT企業は、従業員が精神疾患になることが比較的多い。そういう人たちを100%復帰させたい。彼らが休職してから戻ってくるときに、会社に来てもらいたい。そのタイミングを考えた場合、時間が比較的自由で、皆でまず顔合わせられるのは昼だったんですよ。引きこもりの人たちも、心境的には同じ。ずっと家にいて、半年以上休職していれば、会社も変わっている。ご飯でも食べながら、時間とか関係なく皆でやろうよとなると、ランチの時間がいちばん和やかだったんです」

 皆と話ができるのは、ランチタイム。こうして会社に来てもらって、ランチを1時間食べたら帰る。スタートしてみたら、皆、通って来られるようになった。

 同社はこれまでも、ハンディのある人たちへの取り組みを行ってきた。引きこもり支援も、その延長線上にある。

 全体朝礼で挨拶し、自分の過去を自然にカミングアウトできる。職場では、ふだんの自分でいられる。そこに、本当の自分を隠して仕事する必要はない。

「起業したときのメンバーは、困った人がいると手を差し伸べられるような人材で、実際仕事をしてもらうと会社を支えてくれた。以来、そんな人となりで採用して、業務経歴書は見ません。そもそも、ITスキルを持った人たちは起業時、そう多くいませんでした。だから、ITスキルは教育で身につけてもらっているのです」(杉岡常務)

 こうして業務経歴を見ないで採用したら、引きこもりの人や精神疾患を持った人たちがいた。

「誰かのために給料カットできる」人材であれば
年齢も問われず、IT経験もいらない
 同社のユニークな採用方法は、こうだ。

 アルバイトから正社員、経験者の中途採用まで、すべての応募者を一緒に集める。そこで、次のような会社の考え方を話すという。

「引きこもりの方も障害者の方もいる。そういう方のために、何かあったときに、手を取り合って助け合う会社です。例えば、リーマンショックのとき、人員のリストラと、皆で給料カットと、どちらを選ぶか、全社員にアンケートをとった。そのとき、約1600人全員が、皆で給料カットするほうを選んだ」

 そこで、最近では「君たちだったら、どちらを選びますか?」という話をするようになった。

「自分のために給料カットなんてしないけど、うちは、誰かのために給料カットする会社だと。そんな考えを守ってくれるのなら、過去などどうでもいい。過去は変えられないから、未来を約束してくれる人だけ、この会社に残って欲しい。だから、この後の入社試験面談を受けてほしい、などと1時間くらい話をします。そして、わかりました。やりますという人だけ残ってもらう。それが、最初の面接試験です。その後、待遇などの条件を提示する。そこまでいくと、90%以上は入社です。なぜなら、最初の1時間の話を聞いて、帰る人が結構いるからです」(杉岡常務)

 入社試験は昨年5月頃から、ほぼ毎月行われていて、毎回50~60人くらいずつ採用されている。しかも、そのうちの約9割は、未経験者だ。

 自己紹介も求めないし、年齢制限もない。中卒もいれば、40代、50代のIT未経験の新入社員もいる。

 ラインの工場で長年モノづくりしてきた50代未経験者は、いまはエンジニアのリーダーとして、設定などの仕事をしている。

 また、12年の「引きこもり」経験者は、アンドロイドという携帯の開発の研修中で、ある企業に就職する予定という。

 厳しい話をするものの、過去を忘れて、スイッチを入れられる人であれば、条件は皆、一緒だ。

ただ、現在は大震災の影響で、いまは採用人員も多少減る状況になっているという。

「私も驚いたんですが、営業会議で成績が悪くても怒られない。“頑張ろうな”といわれる。その後、自分で頑張って達成する人もいる。その一方でサポートを望む人たちには、達成できるようになるにはどうすればいいのか、計画を練るための『支援会議』の要望を出してもらって、土・日曜に出勤。社長や役員も一緒になって考える『支援会議』を開く。すると、未経験者でも、オフに出社してもらって教えてもらえるから、感謝の気持ちから頑張るようになる。そしてノルマを達成すると、拍手されて、嬉しさでモチベーションも上がるのです」(杉岡常務)

 素人である以上、達成できなくても当たり前なのに、こうして大抵の人がノルマをこなせるようになるのだ。

 古き良き時代の会社に根付いていた「家族主義」に似ている。

助成金に頼らなくても、
「引きこもり」の人を雇える経営モデルを
 とはいえ、長引く不況の時代。助成金の枠を使うことが目的なのかを聞いてみると、

「確かにインターンなども利用させていただいていますが、元々、助成金制度が始まる前から、私たちはやっていました。実は、助成金を当てにすると、長続きしません。かえって、国や自治体の意向が強くなり、現場で必要としない事業になって、仕分けの対象になる。雇用学的には、助成金への依存は、あり得ない話です。ただ、働く以前に、長期訓練が必要となれば、一企業ではできません。いろいろな賛同団体等の協力が必要です。私たちは、アルバイトではなく、企業で働けることがゴール。だからビジネスマナーから教えますし、そもそもの発想が違うのです」(杉岡常務)

 助成金に頼らなくても、税金を当てにしなくても、企業の経営努力の中で、「引きこもり」の人たちを雇うことができるという。確かに、雇用を本当に続けていくのなら、助成金をあてにしないモデルのほうがよい。

 こうした考え方の企業が他にも増えれば、一旦社会を離脱して、思い切り休養をとったとしても、いつでも何歳になっても、誰でもまた社会にチャレンジできる。

 漠然とした社会復帰ではなく、具体的に雇用というかたちで社会とつながれる。先が見えるように1つ1つ道筋をつけていくことこそ、大きな安心感になるのではないか。



そういう企業が増えればニートも減るであろうと思います。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

makot89

Author:makot89
FC2ブログへようこそ!







この本売れました!!
この本棚から掘り出し物が見つかるかも

人気blogランキングへ

最近の記事

最近のトラックバック

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。